モデルケース | 首都圏の収益物件・土地購入はユニデン不動産にお任せください

 

03-5543-2865

お問い合わせ

お役立ち情報
世界で活動するユニデン ユニデン株式会社
賃貸管理サポートのご案内
不動産活用の相談受付のご案内
ユニデン,ユニデン不動産,採用情報

モデルケース

ユニデン不動産のサービスのモデルケースをご紹介します。

若いうちに不動産投資に挑戦される方

20代・30代からの不動産投資

近年、20代・30代の若いうちから不動産投資を始めようという人が増えています。会社や自分の身に何かあった時の備えや副収入として不動産投資が注目されています。
不動産投資を実践している人の40%以上がサラリーマンやOLで、年齢構成についても20代〜40代の方が過半数を占めているという統計もあります。

不動産投資は長期間にわたってコツコツと家賃収入を得ていく投資手法です。当然、時間が長ければ長いほど家賃収入を得る期間が長くなるため、若い人ほど不動産投資に向いていると言えるでしょう。
例えば、30歳の方が借入期間20年でローンを組んだ場合、ローン返済を終えるのは50歳です。働き盛りであり、完済をする前にさらにステップアップをして物件を買い足すことも可能です。
そうでなくても、ローンを返済し終わった後は家賃収入から経費を引いた額がそのまま利益になります。
タイミングを見計らって転売をし、キャピタルゲインを得た上で新たな物件を購入していくチャンスもあります。
不動産投資がうまくいけば40代、50代でリタイアし、悠々自適な生活という思い切った夢を実現させている方もいらっしゃいます。

老後を見据えて不動産投資に挑戦される方

安心できる老後・子供たちの生活のために

自分の定年後の生活を考えて不動産投資に目を向け始める40代・50代の方が増えています。
公的年金への不信が渦巻く昨今、将来の安定財源を確保するための個人年金に加入する方もいます。公的年金は受給できたとしても豊かな老後を送るための生活費としては不足。マンション経営から発生する家賃収入は、それを補う収入源として注目を集めています。

不動産投資・マンション経営と個人年金を比べると、家賃収入のあるマンション経営の方が負担を軽減できます。
なおかつ、個人年金は一定期間しか受給できませんが、マンション経営は不動産を所有している限り半永久的に継続した家賃収入を得られます。

また、自分の身に万が一のことがあった場合の保険として、マンション購入時に団体信用生命保険付きの住宅ローンを組んでおけば、ローンの支払いは生命保険で充当されるため残債はゼロになります。さらに、マンションという資産と毎月の家賃収入を残された家族に遺族年金代わりに残すことができます。

ステップアップを目指す方

上場企業のグループ会社という安心感でバックアップ

将来の人生設計をシュミレートし、何度でも相談に乗らせて頂きながら資産設計のアドバイスをいたします。 ステップアップ、現役リタイア、相続対策、年金への不安など、不動産投資に興味を持ったきっかけや、いくらの資本でいくらのキャッシュフローを得たいのか。そしてそれを何年後に実現したいのかをお聞かせ下さい。

お客様の人生設計を、上場企業のグループ会社として責任を持ってサポートしていきます。


最近見た物件 (0)